グリーン調達認定行政・企業

●グリーン調達基準にKESを適用する行政・企業(2017年7月現在)

グリーン調達の基準として、ISO14001認定取引先又はKES審査登録取引先を優遇されている行政・企業
京都府
京都市
京田辺市
福知山市
舞鶴市
宮津市
八幡市
久御山町
宇治田原町
精華町
東京都
滋賀県
大阪府
神戸市
三重県
岩手県
神奈川県
横浜市
鹿児島県
鹿児島市
八尾市
宮城県
仙台市
環境省 
CISCO SYSTEMS
FDKグループ
ジーエス・ユアサコーポレーション
NECディスプレイソリューションズ
NECフィールディング
NHVコーポレーション
NTTコミュニケーションズ
NTTドコモ
アイチコーポレーション
アルバックグループ
九州電力
京三製作所
グローリー
光電製作所
サンコールグループ
三洋化成工業
島津製作所
昭和シェル石油
新電元グループ
ジェイテクト 
ダイキン工業
月星製作所
ティラド
デンソー
東芝デジタルソリューションズ
豊田合成
日新イオン機器
日新電機
ニチコングループ
日本アビオニクス
日本信号
日本電気(NEC)
日本無線
ノーリツ鋼機
日立化成
日立金属
日立情報通信エンジニアリング
日立製作所
日立マクセル
富士通
 
古河電工
北海道電力
ボッシュ
ミスミグループ
ミツバ
三菱電機
メタウォーター
安川電機グループ
アズビルグループ
横河グループ
リーダ電子
リケンテクノス
リコーグループ
 
グリーン調達の基準として、KESをEMSとして認められている企業
  京セラ
 
大日本スクリーン製造   

●KES認証グリーン調達基準行政サイト リンク集

詳しい内容については各官公庁にお問合せください(2017年7月現在の情報です)

官公庁名調達基準内容(抜粋)調達基準内容
(web)
京都府 物品の製造の請負及び物品の買入れに係る競争入札の参加資格の審査等に関する要綱
競争入札参加資格審査申請書
第3号様式 営業経歴書 
環境規格記入欄 ・・・ISO 14001 KESエコ京都21・・・

平成29年度 工事種別の等級区分基準
C: ISO、KES取得による加算点
国際標準化機構の定めたISO9001及び14001に適合している旨の認証を取得した場合は各10点を加算
特定非営利活動法人KES環境機構の定めたKESのステップ1の認証を取得した場合は5点、ステップ2の認証を取得した場合は8点を加算(ただし、KESとISO14001との重複加算は無し)
物品の製造の請負及び物品の買入れに係る競争入札の参加資格の審査等に関する要綱

平成29年度 工事種別の等級区分基準
京都市 京都市役所グリーン調達推進方針の策定について
・・・環境物品等の調達に関する情報が得難い場合には,当該物品等を供給する事業者の環境保全に対する姿勢(ISO14001や京都・環境マネジメントシステム・スタンダードの認証取得等)を考慮して,物品等を調達するよう努める。
京都市役所グリーン調達推進方針
舞鶴市 建設工事入札参加資格審査基準
4 国際標準化機構(ISO)の認定した審査登録機関から品質システムの規格(ISO9000S)又は環境管理システムの規格(ISO14000S)の認証を取得した場合は、登録業種すべてに15点を加点するものとする。
特定非営利活動法人KES環境機構の定めたKESのステップ1の認証を取得した場合は5点、ステップ2の認証を取得した場合は10点を登録業種全てに加点するものとする。
建設工事入札参加資格審査基準
八幡市 平成 29 年度工事種別の等級区分基準
G:ISO、KES 取得による加算点(市内業者のみ)
国際標準化機構の定めた ISO9001 及び 14001 に適合している旨の認証を取得した場合は各 10 点を加算。特定非営利活動法人 KES 環境機構の定めた KES のステップ1 の認証を取得した場合は 5 点、ステップ 2 の認証を所得した場合は 8 点を加算する。
(ただし、KES と ISO14001 との重複加算は無し)
競争入札等参加資格
東京都 調達基準内容
競争入札参加者の資格に関する公示
(中略)
2.ISO等の認証取得者の取扱い
ISO9000シリーズの9001及びISO14000シリーズの14001
(中略)
特定非営利活動法人KESステップ2以上の認証を取得している者
調達基準内容
(競争入札参加者の資格に関する公示)
東京都
滋賀県 対象事業者等
・「環境配慮事業者」の要件は、次のすべてに該当する方とします。
・「滋賀県物品等に係る競争入札参加資格者名簿」に登録されていること
・県内に本店、支店、営業所等を有する者であること(県外業者は、県内の支店、営業所等に滋賀県との取引の権限を委任していること)
・次のいずれかに該当すること
1. 国際標準化機構(ISO)の国際標準規格「ISO14001」の認証を取得している者
2. 財団法人地球環境戦略研究機関の認証登録制度「エコアクション21認証・登録制度」の認証登録を受けている者
3. 京のアジェンダ21フォーラムの環境認証「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード」の認証を取得している者
滋賀県グリーン入札制度
大阪府 建設工事入札参加資格登録の概要
5.建設工事競争入札参加資格における等級区分(ランク付け)について
◆ 建設工事の種類のうち、土木一式工事・建築一式工事・電気工事・管工事・ほ装工事の5種類については、次の計算式により算出した等級区分評点に基づき、種類別に等級を区分して資格の認定をします。
《等級区分評点計算式》
  等級区分評点=経営事項審査点数[※1]+地元点[※2]+福祉点[※3]+環境点[※4]
[※4] 環境点(2点or4点)
建設業許可を有する建設工事に関する事業活動について「エコアクション21」、「KES」又は「エコステージ」の認証を、大阪府との契約先(本店又は支店等)において取得している者に加算します。
建設工事入札参加資格登録の概要
神戸市
神戸市HP
電子入札システム神戸市ポータルサイト
神戸市工事請負入札参加資格者格付要領
(主観点数)
第6条 主観点数は,次に掲げる項目により得た点数とする。
(5) 環境認証取得点数 神戸環境マネジメントシステム(KEMS)又はKEMSと相互認証を行っている審査登録機関による環境認証又はISO14001を本市内の事業所で取得している者に10点を加点。
KEMSはKESと相互認証しています。
神戸市工事請負入札参加資格者格付要領
三重県 三重県総合評価方式の運用ガイドライン
6-4 各評価項目に関する評価基準等(建設工事)
(3)社会貢献度
〈ISO14001、M-EMS の認証取得〉
・ISO14001、M-EMS(ステップ2)、M-EMS(ステップ1)のいずれかの認証取得があれば評価する。(単独で5点、他の項目と合わせ最大10点)
M-EMSはKESと相互認証しています。
三重県総合評価方式の運用ガイドライン
岩手県 総合評価落札方式の手引き
1 技術提案評価項目の設定
 ウ 経営品質の取組
  ②申請期限の日現在有効なISO9001又はISO14001の認証取得、若しくは 「いわて地球環境にやさしい事業所」3つ星以上の認定

「いわて地球環境にやさしい事業所」3つ星以上の認定とは:
二つ星の認定条件に加えISO14001、IES(いわて環境マネジメントシステム)及びエコアクション21などの認証を取得していること。
IES(いわて環境マネジメントシステム)はKESと相互認証しています。
総合評価落札方式の手引き

「いわて地球環境にやさしい事業所認定」制度の概要
鹿児島県 平成29・30年度鹿児島県建設工事入札参加資格における総合点数の内容
ソ 環境マネジメントシステム認証取得等
平成28年7月31日時点において,環境マネジメントシステムの認証を取得等している者に次のとおり加点する。(最高20点)
(ア) ISO14000シリーズの認証を取得している者 …… 20点
(イ) エコアクション21,KES,エコステージのいずれかの認証を取得等している者又はISO14001を自己(自主)適合宣言し,市民団体認証を受けている者……10点
平成29・30年度鹿児島県建設工事入札参加資格における総合点数の内容
鹿児島市 鹿児島市建設工事等競争入札参加者の格付を定める場合の総合点数の算定要領
5 その他の事項による点数は、次に掲げる区分に応じ、当該各号に定める点数を加算するものとする。
(1) ISO9000シリーズを取得している者 10点
(2) ISO14001を取得している者 10点
(3) エコアクション21、KES・環境マネジメントシステム・スタンダード、エコステージのいずれかの認証又はISO14001を自己(自主)適合宣言し、市民団体認証を受けている者。ただし、前号との重複は認めない。 5点
鹿児島市建設工事等競争入札参加者の格付を定める場合の総合点数の算定要領
宮城県 宮城県建設工事に係る競争入札の参加登録等に関する規程
(平成13年宮城県告示第727号)
参加資格の申請時においてみちのく環境管理規格の認証登録を受けている場合:10点
*KESはみちのく環境管理規格認証機構の相互認証機関として認められています。
宮城県建設工事に係る競争入札の参加登録等に関する規程
仙台市 仙台市発注工事における総合評価一般競争入札実施要綱に係る運用の手引き
企業の社会性を評価する上でISO14001の認証取得又はみちのく環境管理規格の認証取得あるいは環境報告書の公表のいずれかの実績に対して得点配点を1点とする。
*KESはみちのく環境管理規定認証機構の相互認証機関として認められています。
総合評価一般競争入札制度⇒手引き
環境省 環境省の入札説明事例には、「環境マネジメントシステム認証制度の例」として、ISO14001、エコアクション21、KES、エコステージが「全国版EMS」として記載され、更に地方版EMSの例として、北海道環境マネジメントスタンダード(HES)、青森環境マネジメントフォーラム(AES)、岩手環境マネジメントフォーラム(IES)、みちのくEMS、三重環境マネジメントシステム(M-EMS)、神戸環境マネジメントシステム(KEMS)等、の記載があります。これら例示された地方版EMSは全てKESと相互認証しています。

事例:平成22年度海域の物質循環健全化計画検討(気仙沼湾地域検討)業務 [総合評価落札方式]入札説明書 環境省
◆環境マネジメントシステム認証制度の例◆

●KES認証グリーン調達基準採用企業サイト リンク集

詳しい内容については各社にお問合せください(2017年7月現在の情報です)

企業名調達基準内でのKESへの言及(抜粋引用)調達基準内容
(web)
CISCO SYSTEMS(米) CISCO SUPPLIER CODE OF CONDUCT
C.ENVIRONMENTAL
Suppliers should recognize that environmental responsibility is integral to producing world class products.In manufacturing operations,adverse effects on the environment and natural resources are to be minimized while safeguarding the health and safety of the public.
Management systems such as ISO 14001,the Eco Management and Audit System(EMAS) and the Kyoto Environmental Standard were used as references in preparing the code and may be a useful source of additional information.
CISCO SUPPLIER CODE OF CONDUCT
FDKグループ 1)環境マネジメントシステム(EMS)の構築
FDKグループの製品に使用する調達品を製造するお取引先様には、EMS構築レベル
Ⅱ以上をお願いしています。
構築していただくEMSには、次のようなものがあります。
① ISO14001(レベルⅢ)
② ISO14001以外の第三者認証されたEMS(レベルⅢ)
・エコアクション21、エコステージ、KES、みちのくEMSなど
FDKグループ グリーン調達基準
GS YUASA ジーエス・ユアサ コーポレーション Ⅱグリーン調達基準
 Ⅱ-3 要件
 (1) 環境マネジメントシステム(EMS)の構築
   ①環境管理活動を有効に実施していただくために、次の4つの内いずれかに該当する取り組みをお願いします。
   ・ISO14001の認証取得
   ・ISO14001要求事項適合の自己宣言
   ・KES(KES・環境マネジメントシステム・スタンダード)の認証取得
   ・上記と同等の環境マネジメントシステムの認証取得(エコアクション、エコステージ等)
グリーン調達のご案内
NECディスプレイソリューションズ株式会社 7.1 お取引先様の評価内容
(1)環境管理システムの構築 ( 必須条件 )
製品の最終生産または包装を行う工場、及び、オフィスにおいて、環境管理システム(EMS)を構築してください。EMSは、国際規格[ISO14001、EMAS(EU「環境管理・監査スキーム」)]、その他の第三者認証[KES(京都・環境マネジメントシステム・スタンダード)、エコアクション21(環境省)、エコステージ等の取得が望まれます。
グリーン調達ガイドライン
NECフィールディング株式会社 7.1 お取引先様の評価内容
(1)環境管理システムの構築(必須条件)
製品の最終生産または包装を行っている工場、オフィスにおいては環境管理システム(EMS)が構築されている必要があります。EMSは、国際規格ISO14001、EMAS(EU「環境管理・監査スキーム」)〕、その他の第三者認証[KES(京都・環境マネジメントシステム・スタンダード)、エコアクション21(環境省)、エコステージ等]の取得が望まれます。
グリーン調達ガイドライン
NHVコーポレーション 2.NHVコーポレーション グリーン調達の考え方
2-5 お取引先様の評価・選定基準
(1) 評価項目
1.ISO14001の認証またはKESや第三者機関の認証を取得していること。
2.グリーン購入を実施している。または推進計画があること。
3.ISO14001 やKES、第三者機関の認証の取得計画があるまたは...
グリーン調達について
NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズグリーン調達ガイドライン・詳細編
4 具体的な要求事項について
4.1サプライヤとしての環境保全の取組みについて
4.1.1環境管理の取組<必須事項>
第三者認証を受けた環境管理システム(ISO14001、EMAS、KES、エコアクション21、エコステージ等)の構築・運用 若しくは、独自の環境管理に取組むこととします。
NTTコミュニケーションズグリーン調達ガイドライン
NTTドコモ NTTドコモグリーン調達ガイドライン
5.サプライヤさまの取組みについて
<必須事項>
(1)環境マネジメントシステムの構築
ISO14001、EMAS、KES、エコアクション21、エコステージ等の第三者認証を必須とします。
NTTドコモ グリーン調達ガイドライン
アイチコーポレーション 4. グリーン調達ガイドライン
4.1 環境マネジメント
4.1.2 依頼事項
4.1.2.1 すべての取引様基本的に国際規格ISO14001 をはじめとする第三者認証取得による環境マネジメントシステム構築(すでに認証取得済みの場合は継続)及び第三者認証取得状況の報告をお願いします。・・・
<第三者認証について>
2008 年2 月現在、以下の第三者認証を取得している場合、当社基準に適合していると判断します。(表中:ISO14001、EMAS、KES、エコアクション21、エコステージ)
グリーン調達ガイドライン(第二版)
アルバックグループ グリーン調達基準書
2.グリーン調達推進基準
2-1.アルバックグループ取引先の環境保全活動に関する項目
1)ISO14001の第三者認証取得による環境マネジメントシステムを構築している。または取得計画がある。
なお[EMAS]や[KES]等の第三者認証を受けている場合は、ISO14001の認証取得に同等の取り扱いといたします。
グリーン調達基準書
九州電力 3.グリーン調達制度の展開
(2)取引企業に関する事項について
・・・・・・・
a.環境活動に関する確認事項
 ISO14001の認証を取得している※
*ISO相当EMSとしてエコアアクション21やKES(ステップ2)の認証取得も認めます。
グリーン調達ガイドライン
京三製作所 3.2 グリーン調達ガイドライン
3.2.1 調達先の環境保全活動に関する項目
(2) 環境マネジメントシステムの取組状況
2-1) ISO14001などの第三者認証を取得しているか取得計画がある場合
ISO14001の第三者認証取得による環境マネジメントシステム(EMS:Environmental ManagementSystem)を構築していること、あるいは取得計画があることを評価します。
なお、[EMAS(EU理事会規則「環境監査・監査スキーム」)]や[KES環境機構(京都・環境マネジメントシステム・スタンダード)]などの第三者認証を受けている場合も、ISO14001 の認証取得と同等に取り扱います。また、製品に対する取り組みも評価対象とします。
グリーン調達ガイドライン
グローリー 3-1 環境マネジメントシステムの構築
弊社が調達する製品を製造している工場、事業所等において環境マネジメントシステム
(EMS)*1を構築している。
EMSは、第三者認証(ISO14001*2、エコアクション21*3、エコステージ*4、KES・環境マネジメントシステム・スタンダード*5等)の取得が望まれますが、自社構築*6でも可とします。

*5 KES・環境マネジメントシステム・スタンダード
 「特定非営利活動法人・KES環境機構」が運営する制度
グリーン調達基準書
光電製作所 4 グリーン調達における要求事項
4.1 お取引先様への要求事項
(1)環境管理への取組
環境管理への取組みは次の1又は2を満たしてください。
1 環境マネジメントシステム(EMS:Environmental Management System)を構築していること。なお、EMSは[国際規格ISO14001]、[EMAS(EU理事会規則「環境監査・監査スキーム」)]や[KES(京都・環境マネジメント・スタンダード)]等の第三者認証を取得していること。
グリーン調達
サンコールグループ 3 サンコールのグリーン調達に関する考え方
(5) サンコールお取引先様認定条件
 ②環境改善活動に対する姿勢として下記項目ア.イ.ウのいずれかを満たしていること。
イ.自治体認証の環境システム取得
(例.KES:京都・環境マネジメントシステム・スタンダード
グリーン調達ガイドライン
三洋化成工業 IV グリーン調達ガイドライン運用基準
IV.1.お取引先様の評価について
■お取引先様の評価方法
(1)環境管理システム
環境管理システムは、ISO14001、エコアクション21、他社からの環境認証のほか独自のシステムでも結構です。管理システムを構築し活動されていることを確認します。
調査表の記載:*1 ISO14001以外の主なEMS:エコアクション21、KES(京のアジェンダ21フォーラム)など
グリーン調達基準
島津製作所 3. 要求事項 3-1 お取引先への要求事項
お取引させていただくにあたって、環境関連法規に遵守していることを前提に下記、要求事項を定めます。
(1)環境マネジメントシステム(ISO14001、KES等)の認証取得
環境マネジメントシステムとして、ISO14001、KES等の第三者機関の認証を取得されていることを推奨事項とします。できる限り、第三者機関の認証取得をお願いします。
グリーン調達基準(J改定)
昭和シェル石油株式会社 購買ガイドライン(お取引先向け)
VI.グリーン購入に対する要請事項 (お取引先への要請事項)
(お取引先の評価基準) お取引先の選択に当っては、品質、価格、納期等、経済 合理性に基づく評価基準に基づいて実施すると同時に次の各項のような環境保全 活動に意欲的な取り組みを行っているお取引先を選択するよう努めます。
1.ISO14001の認証を取得しているお取引先(事業所単位で認証を取得しているものを含む。以下同義。)なお、「EMAS(EU 理事会規則:環境監査・監査スキー ム)」や「KES(京都・環境マネジメントシステム・スタンダード)」等の第三者認 証を受けている場合は、ISO14001の認証取得に準じた取扱いとします。
購買ガイドライン(お取引先むけ)
新電元工業株式会社 V.環境管理体制調査
2. 環境マネジメントシステム
3 行政機関が策定する簡易な環境マネジメントシステムに参加している。また は、参加の予定がある。
 例:環境省策定 環境活動評価プログラム エコアクション21
  京都府策定 京都・環境マネジメント・スタンダード(KES)
  埼玉県策定 彩の国エコアップ宣言
グリーン調達基準書
株式会社ジェイテクト 5-1 環境マネジメントシステムの要件
取引先様においても、環境マネジメントシステムを構築してください。
最終的には、「ISO14001」に代表される外部認証を取得してください。
①外部認証機関による環境マネジメントシステム認証規格の規格名と事務局
・ISO14001 国際標準化機構
・エコアクション21 地球環境戦略研究機関持続性センター
KES KES環境機構
・エコステージ エコステージ協会
グリーン調達ガイドライン
ダイキン工業株式会社 3.グリーン調達要求事項
1) お取引先様の環境経営に関する要件
● 環境マネジメントシステム
環境マネジメントシステムを構築し、ISO14001認証取得をする。
あるいは、環境マネジメントシステム第三者認証取得する

グリーン調達調査表(企業評価)
2)-1 ISO14001は未取得であるが、他の第三者認証取得について(該当EMSにチェック下さい。)
□エコアクション21、□KES、□エコステージ、□レスポンシブルケア、□EMAS(欧州)
グリーン調達ガイドライン
株式会社SCREENホールディングス SCREEN グループ グリーン調達基準
4.購入先さまへの要求事項
4.1 環境マネジメントシステムの取り組み
環境マネジメントシステムとして、第三者認証の ISO14001 または、KES(京都・環境マネジメント・スタンダード)、エコアクション 21(環境省)、エコステージ等の認証取得が望まれ、温室効果ガス(CO2)・廃棄物の削減などに取り組まれていること。
グリーン調達基準
株式会社月星製作所 3.お取引先様へのお願い事項
2)環境マネジメントシステムの構築
環境負荷の低減は、企業活動すべてにおいて関わることであり、取引様には ISO14001 の外部認証取得を基本とした『環境マネジメントシステム』の構築を お願いいたします。
なお、以下のものを取得した場合についても『環境マネジメントシステム』を構 築したと判断します。
• エコステージ
• エコアクション21
KES
グリーン調達ガイドライン
ティラド 5) 環境マネージメントの充実と強化
(1) ISO14001 外部認証の取得
環境マネジメントシステムの外部認証所得及び更新
当社は、環境保全活動を組織的に管理し、継続的に改善に取り組んでいます。 (中略) そのため「環境マネジメントシステム」の外部認証取得をお願いいたします。
また取得済の仕入れ先様には認証を更新し継続取得をお願いします。
環境マネジメントシステム:ISO14001、KES、エコアクション21など
調達ガイドライン
デンソー 4.仕入先様へのお願い事項
(1)環境マネジメントシステムの構築
環境負荷の低減は、企業活動すべてにおいて関わることであり、全仕入先様には ISO14001 の外部認証取得を基本とした「環境マネジメントシステム」の構築をお願いいたします。
なお、以下のものを取得した場合についても「環境マネジメントシステム」を構築したと判断します。
・エコステージ※
KES※(ステップ2以上の取得)
・エコアクション21※ 等
グリーン調達ガイドライン
東芝デジタルソリューションズ株式会社 6.調達取引先様へのお願い事項
(1)環境管理システム(EMS)の改善計画を立案し、実行・運営をお願いします。 EMSの効率運用の有効な手段として環境外部認証の積極的な取得・維持を推奨します。

EMS調査表 付属資料【様式1】
(2) ISO 14001(又は相当)外部認証の取得 (評価:100点)
    ISO 14001(又は相当)外部認証を取得している。
    ※相当とはエコステージ、エコアクション21、KESなどです。
グリーン調達ガイドライン
豊田合成株式会社 1‐1.環境マネジメントシステム構築の達成基準
原則下記①の基準を満たすことを条件とします。
・ISO14001 国際標準化機構認定機関
・エコアクション21 地球環境戦略研究機関(IGES) http:/www.ea21.jp
・エコステージ エコステージ協会 http:/www.ecostage.org/
KES京都:EMSスタンダードKES環境機構 http:/www.keskyoto.org/
グリーン調達ガイドライン
日新イオン機器 お取引先様の評価・選定基準
(1) 評価項目
1.ISO14001 の認証またはKESや第三者機関の認証を取得していること。
2.グリーン購入を実施している。または推進計画があること。
3.ISO14001 やKES、第三者機関の認証の取得計画があるまたは...
グリーン調達ガイドライン
日新電機 お取引先様の評価・選定基準
(1)評価項目
1.ISO14001の認証またはKESや第三者機関の認証を取得していること。
2.グリーン購入を実施している。または推進計画があること。
3.ISO14001やKES、第三者機関の認証の取得計画があるまたは・・・・
日新電機グループ 購買方針
ニチコングループ グリーン調達ガイドライン・環境管理活動評価表
1.環境管理システム
1)管理マネジメントシステム(ISO14001、EMAS、KES等)を導入していますか。
(要約:導入済みの場合48点与えられます。)
ニチコングループグリーン調達ガイドライン
日本アビオニクス 6.お取引先の評価内容
(1)環境管理システムの構築
製品の最終生産または包装を行っている工場、オフィスにおいて、環境管理システムを有してください。環境管理システムは、国際規格・規則[ISO14001(環境マネジメントシステム)、EMAS(EU理事会規則「環境管理・監査スキーム」 )等]、その他[KES(京都・環境マネジメントシステム・スタンダード)等]、
グリーン調達について
日本信号 2.3.1 企業体質に関する評価
企業体質に関する評価とは環境配慮を推進する企業体質の指針として、環境マネジメントシステムの構築活動を評価致します。第三者機関の認証取得(ISO14001等)を推奨事項とします。
◆ISO14001の認証取得/取得計画がある。又はその他のマネジメントシステム(エコアクション21、KES等)を構築/構築活動中である。・・・・
グリーン調達
日本電気 7.1 お取引先様の評価内容
(1)環境管理システムの構築 ( 必須条件 )
製品の最終生産または包装を行う工場、及び、オフィスにおいて、環境管理システム(EMS)を構築してください。EMSは、国際規格[ISO14001、EMAS(EU「環境管理・監査スキーム」)]、その他の第三者認証[KES(京都・環境マネジメントシステム・スタンダード)、エコアクション21(環境省)、エコステージ等の取得が望まれます。
グリーン調達ガイドライン
日本無線 3.調達取引先様への依頼事項
3.1 EMS(環境マネジメントシステム)の構築および維持
a) ISO14001,エコアクション21,エコステージ,KESの認証の取得,又は下記の内容を含むEMSを構築し維持すること。
グリーン調達の促進
ノーリツ鋼機 3-1サプライヤー様とのお取引条件について
1.ISO14001、EMASなどの国際規格に準拠するEMS、もしくは(国内適用の)エコステージ、エコアクション21に準拠するEMSに関して第三者認証を取得していること、または、NKCの実施する監査に合格することが必要です。
(表中にKESについても記載有り)
グリーン調達ガイドライン
日立化成工業 2.日立化成グループのグリーン調達の考え方
2.2 サプライヤー皆様へのお願い
(1)サプライヤー皆様の環境保全活動に関する項目
(ⅳ)ISO14001、EMASなどの国際的な環境認証や、KES、エコステージ、エコアクション21の日本国内の各環境認証を取得することは、EMSを効率よく運営する上で有効な手段と考えます。従って、これらの環境認証を積極的に取得し維持されることを推奨します。
グリーン調達ガイドライン
日立金属株式会社 (3)グリーン調達推進にあたってのガイドライン

1) 取引先様の環境保全活動に関する判断項目
(1)ISO14001国際規格もしくはEMAS、KES、エコステージ、エコアクション21に準拠するEMSに関して第三者認証を取得している。
グリーン調達ガイドライン
日立情報通信 エンジニアリング 日立グループグリーン調達ガイドライン
2.2 サプライヤー皆様へのお願い
(1)サプライヤー皆様の環境保全活動に関する項目
(ⅳ)ISO14001、EMASなどの国際的な環境認証や、KES、エコステージ、エコアクション21の日本国内の各環境認証を取得することは、EMSを効率よく運営する上で有効な手段と考えます。従って、これらの環境認証を積極的に取得し維持されることを推奨します。
日立グループグリーン調達ガイドライン
日立製作所
日立製作所資材調達
日立グループグリーン調達ガイドライン
2.2 サプライヤー皆様へのお願い
(1)サプライヤー皆様の環境保全活動に関する項目
(ⅳ)ISO14001、EMASなどの国際的な環境認証や、KES、エコステージ、エコアクション21の日本国内の各環境認証を取得することは、EMSを効率よく運営する上で有効な手段と考えます。従って、これらの環境認証を積極的に取得し維持されることを推奨します。
日立グループグリーン調達ガイドライン
日立マクセル グリーン調達
マクセルグループは、サプライチェーン全体で環境への負荷を低減していくために、環境推進活動に積極な調達先(グリーンサプライヤー)から製品やサービスを調達することを方針として、グリーン調達を進めています。
グリーンサプライヤーとは、ISO14001または、KESやエコステージ*1などのEMS(環境マネジメントシステム)を取得した取引先のうち、マクセルグループが認定した調達先のことです。
日立グループ グリーン調達ガイドライン
富士通 2.1. 環境マネジメントシステムの構築(Environmental Management System)
富士通グループでは、環境保全活動を自律的、継続的に改善しながら推進いただくため、お取引先に環境マネジメントシステム(EMS)の構築をお願いしております。ISO14001等の第三者認証 EMS を原則としておりますが、不可の場合は、お取引先の状況に合わせた形で PDCAの回る EMS を構築していただけますようお願いいたします。
グリーン調達の取り組み
古河電気工業株式会社 4. お取引先様へのご協力とお願い
4.1 環境マネジメントシステムの構築
納入品を生産販売している事業所等の拠点において、ISO14001相当の要求事項を 満足する環境マネジメントシステム※を構築していることです。
※エコアクション 21、エコステーション、KES等の第 3 者機関認定登録制度によ る環境マネジメントシステムも同等と致します。
グリーン調達ガイドライン
北海道電力 グリーン調達ガイドライン
別紙3 企業環境特性評価票
Q2 KES(KES・環境マネジメントシステム・スタンダード)について
グリーン調達ガイドライン
ボッシュ(株) 4.2 環境マネジメントシステムの構築
お取引先様におかれましては、出来るだけISO14001、他の外部認証の取得を進めてください。
4.2.1 外部認証取得の報告
1)取得計画の報告
ISO14001 外部認証取得計画及び外部認証機関を決定した時点で、下記様式を再度ご提出下さい。(外部認証としてKESも認められています。)
グリーン調達
ミスミグループ 4.推奨事項
当社は、仕入先様において、以下の項目に取り組むことを推奨します。
・ 環境方針を定め、環境保全活動の継続的改善・法規制の遵守を誓約すること。
・ 環境方針を全ての従業員に徹底させ、当該方針を社外にも明らかにすること。
・ 環境保全に対する目標を定め、実行計画をもつこと。
・ 環境マネジメントシステムの外部認証(ISO14001、KES 等)を取得すること。
グリーン調達について
ミツバ ミツバ グループ グリーン購買 ガイドライン
5. お取引先への要求事項
5.1 環境マネジメントシステムの整備
(1) ISO14001 もしくはこれに準ずる環境マネジメントシステムを構築してください。
(2) 日本におけるエコアクション 21、エコステージ、環境マネジメントシステムスタンダード(KES)は、ISO14001 の認証取得と同様に、環境マネジメントシステムを構築しているものとみなします。
ミツバ グループ グリーン購買 ガイドライン
三菱電機 2.グリーン調達基準
 2-1.サプライヤー様の選定評価基準について
(1)環境管理への取り組み体制
①ISO14001の認証取得による環境マネジメント・システム(EMS:Environmental Management System)を構築していること。
なお、[EMAS(EU理事会規則「環境監査・監査スキーム」)]や[KES(京都・環境マネジメントシステム・スタンダード)]等の第三者認証を受けている場合は、ISO14001の認証取得と同様に取り扱います。
三菱電機グループ グリーン購買ガイドライン
メタウォーター株式会社 3-3 グリーン調達の指針
 2)お取引先様に求める推奨事項
  ①お取引先様における環境保全活動に求める事項
   1. 環境マネジメントシステム
    ①ISO14001を認証取得している
     または
    ②その他の第三者認証取得している
     (エコアクション21、エコステージ、KES等)
グリーン調達方針
安川電機グループ 安川電機 4. グリーン調達基準
4.1お取引先の選定基準
4.1.1環境マネジメントシステムの構築と運用(実施と報告を要請)
お取引先様において環境マネジメントシステムが構築され、運用されているかどうかについて、お取引先様からの報告を以下の観点から確認し、評価するとともに、要請事項を全て満たすお取引先様を当社グリーン調達認定取引先として選定します。
ただしISO14001、EMAS(Eco-Management Audit Scheme)、などの国際規格に準拠する環境マネジメントシステム、もしくはKES(環境マネジメントシステム)、エコステージ、エコアクション21 の第三者認証を得ている場合、以下(1)~(2)の要請内容を満たしているものと見做します。
安川電機グループグリーン調達基準書
アズビルグループ 4.グリーン調達評価
4.2評価内容
(1)環境マネジメントシステムへの取り組み状況の調査
  ISO14001に基づくEMS
  環境省の進める環境活動評価プログラム(エコアクション21)
  京都・環境マネジメントシステム・スタンダード(KES)
azbilグループグリーン調達基準書
横河グループ
(横河電機)
【YOKOGAWA グループ サプライチェーン CSR ガイドライン】
(Ⅲ-3)環境マネジメントシステム
環境マネジメントシステムを構築し、また運用することを要望します。
代表的な環境マネジメントシステムとしては、ISO14001 などが挙げられ、第三者認証を受けることができます。
サプライチェーンCSRガイドライン

YOKOGAWAグループ グリーン調達ガイドライン
リーダー電子 3.4 お取引先様の評価・選定基準
お取引先様の選定に当たっては、品質(Q)・価格(C)・納期(D)に加え、お取引先様の環境保全活動への取組状況(E)を調査・評価します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
環境保全活動調査票
1-2 ISO14001以外(EA21、KES等)の認証取得状況
グリーン調達ガイドライン
リケンテクノス 3.グリーン調達基準方針
(1)環境管理システム構築のお願い
・・・・・・・・・
環境管理システムは、国際基準のISO14001を推奨しますが、環境省のエコアクション21、エコステージ協会のエコステージ、京のアジェンダ21フォーラムのKES等に準じた・・・・・
グリーン調達基準
リコー 3.グリーン調達基準方針
(1)環境管理システム構築のお願い
下記に示す環境パフォーマンスを達成するため、お取引先様におかれましては自主的な環境管理システムの構築をお願いします。
環境管理システムは、国際標準の ISO14001 を推奨します。環境省のエコアクション 21、エコステージ協会のエコステージ、京(みやこ)のアジェンダ 21 フォーラムの KES 等に準じたお取引先様独自の仕組みでも構いません。
グリーン調達ガイドライン

ホーム > グリーン調達認定行政・企業